夫婦関係

夫婦関係

愛着障害の治療方法

愛着障害の治療はどうすればいいのか? そのヒントになりそうなのは児童期虐待による複雑性PTSDの治療法である。 児童期虐待を生き延びた人々の治療 -中断された人生のための精神療法- かなり読みにくい本だが参考になる。 ...
夫婦関係

妻と継子の愛着障害問題に真面目に取り組む

さて、妻と継子の愛着障害の問題に取り組むために、いろいろ本を読んでいる。 いくつか参考になりそうなものがあった。 児童精神科医が書いた書籍や複雑性PTSD治療のための本などがよさそうだ。 なぜなら、愛着障害では感情認知と...
夫婦関係

子連れ再婚はなぜうまく行かないのか

なぜなら、子供がすでに愛着障害になっているから。 離婚家庭の子供は両親の離婚というトラウマ体験を経験している。 また、離婚に至る過程で両親の不和に巻き込まれている。 従って、小さな子が抱えきれないほどの心理的ダメージや認...
夫婦関係

受診してよかったこと2

受診してよかったことは、妻が医療につながったことであるが、もう一つよかったことは妻が子供たちへの接し方でやる気になったことである。 以前、妻と二人でペアレントトレーニングを受講したが、妻は「こんなもん何の役に立つの?」と言った風で、...
夫婦関係

なにが気に入らないのか

妻の言動の何が気に入らないのか。 それは、周りが妻の気分と感情のむらに巻き込まれてエネルギーを浪費し、消耗するからである。 妻の行動原理は、自分の感情のむらを刹那的になんとかすることであり、真実や費用対効果、デメリットの真面目...
夫婦関係

継子の治療方針

継子はチック症の専門家にはチック症、発達障害の専門家にはASDと診断されたわけだが、その治療法については悩む。 どちらの医師もエビリファイの投与をすすめて来たわけだが、投薬については躊躇する。 エビリファイはチックの衝動やAS...
夫婦関係

妻に対してペアレンティングしていく~妻の愛着障害に対処する

さて、妻は今後ペアレントトレーニングや発達クリニックの受診を行うことになっている。 それを定着させるために、妻に対してペアレントトレーニングを適応していく。 ペアトレの内容は、子供の好ましい行動はすかさず褒める、子供の好ましく...
夫婦関係

受診してよかった点

今回、子供の心クリニックを受診してよかった点は、妻が医療につながった点である。 妻には「継子がクリニックを受診するならあなたも受診してくれ」とずっと言ってきた。 妻と継子はよく似ている。継子に障害があるというのなら、妻にもある...
夫婦関係

子供の心クリニックを受診

しばらく前から継子の医院での受診を行っている。 目に見える症状は首振りのチックだが、生活上の問題は学校の授業に集中できないこと、学校のクラスメイトとうまく行かないこと、である。 今回は新たに子供の発達障害を専門とするクリニック...
夫婦関係

医院で止められたキレート鉄を子供に飲ませる妻

継子は栄養療法をやっている。 しかし、そのためのビタミン剤を飲むのを継子は嫌がる。 特に、チューブタイプのサプリは飲みにくいようだ。 まだタブレットタイプの方が飲みやすいそうだ。 鉄剤も飲むように言われているが、そ...
タイトルとURLをコピーしました